シロクロ絵日記
愛犬シロと家族との田舎暮らし
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
遭遇したのは鳥じゃなくて?
ご心配をおかけした背中の痛みですが、ほぼ完治しました!
いのこさんも拍手コメントでの暖かいお言葉、ありがとうございました。
そうそう、大人のラジオ体操も無事始められました。
順調に筋肉痛になっております(笑)
結構キツイですよ! 特に二番目の「腕を振って足を曲げ伸ばす運動」!
それだけ効いてる気もします。
効果が実感できるまで、できるだけ続けたいと思います。



さて近況報告はこのくらいにして、本題に入ります。
今日は父とその友人達が遭遇したある動物の話。

「人物紹介・父」でも描いてますが、父はとても多趣味です。
近年は近所の友達と探鳥会を企画して出掛けることもしばしば。
つい先日もその探鳥会が催されました。

しかしその日は肝心の鳥があまりいなかったそうで、
物足りないながらも、しょうがなく車で下山していたその時。
道の脇から何か大きいものが出てくるではありませんか!


あれは、もしや・・・・・ツキノワグマ しかも親子


車内は大興奮!さっそくカメラを構えます。
(以下、父の友人Kさんが車の中から撮影したものです。)



クマ1
てけてけてけ、親子で走っていきます。
(足の裏が親子とも写ってる~! かわえぇ~!!)

クマ2
お母ちゃんがこちらに気づきました。

クマ3
母、威嚇!
その隙に子どもは離れて行きますが・・・

クマ4
お母ちゃん、反対側に入っちゃった。

クマ5
子:「いやぁ~! 待ってぇ~~!!」

クマ6
遅れてやってきたもう一頭の子グマも合わせて、無事合流。
親子揃って逃げて行ったそうです。


ここに載せたのは6枚だけですが、
Kさんはそれはもうたくさんの写真を撮っておられました。
約40秒撮り続けたそうです。
つまりそれだけ長い間、この親子は目の前にいたのです。

これが母グマだけだったらもっと早くに立ち去っていたでしょう。
子どもを守るために、退路を確保するために、お母ちゃんは踏ん張っていたのです。
偉いですねぇ。


ちなみにシロはこの時一緒にいませんでした。(家でお留守番)

シロ


「もしこの場にシロがいたら、母グマは威嚇するだけじゃなく車に襲いかかったかも?」
とは父の言葉。
良かったね、付いて行かなくて(汗)
スポンサーサイト

[2012/09/07 20:07] | 写真 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<夏の終わりにふと思う | ホーム | ありがちではある>>
コメント
おぉ・・・ツキノワグマ!しかも親子!
更に、転載画像ではないリアルphoto!!
なかなか貴重ですね~。
現場にシロがいたらクマとシロの戦い・・・
・・・「シロクマ」の戦いになるのでしょうか?^^;

熊の画像を見るといつも「ヴォイテク」を思い出します。
ご存知ですか?
[2012/09/08 08:56] URL | うみねこ #RMr98V7M [ 編集 ]
うみねこさん

ヴォイテク、うみねこさんのブログで初めて知りました。
NHKのドキュメンタリーでやってたらしいですね。
見てみたかったなぁ。
[2012/09/08 19:24] URL | kuroMARUI #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sirokuroenikki.blog.fc2.com/tb.php/270-6b3c636a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

kuroMARUI

Author:kuroMARUI
FC2ブログへようこそ!

広く浅い趣味人。 四季折々山の恵みで暮らしてます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。